トップ > SynQor > プレスリリース > SynQorはATCAアプリケーション用EMIフィルタ付き500Wパワーインターフェイスモジュールを発売します。

SynQorはATCAアプリケーション用EMIフィルタ付き500Wパワーインターフェイスモジュールを発売します。

2016年2月11日

SynQor社は、ATCA(Advanced Telecom Computing Architecture)仕様に準拠した500WのiQor シリーズのパワーインターフェイスモジュールを発売します。このモジュールはクオーターブリックサイズのパワーインターフェイスモジュールで、SynQor社の480W SQ60120QZB40もしくはPQ60120QZB33のようなペイロードDC-DCコンバータと共に使うことにより、ATCA仕様の基板をデザインするにあたり高電力密度ソリューションを提供します。
IQ65033QTA14シリーズのパワーインターフェイスモジュールは、入力電圧範囲が-36V~-75Vで、最大出力14Aまで対応します。このモジュールは、下記の要求事項を含むATCAの仕様に求められるすべてのパワーマネージメント機能を提供します。

  • 電源入力AとBのORingにもとづくMOSFET
  • ホットスワップやインラッシュに対応する過渡電流制御
  • CISPR 22 Class B レベルに対応するEMIフィルタ
  • IPMI( Intelligent Platform Management Interface)機能やハウスキーピン機能用の最大3.3V ―3.6Aおよび5V―150mAの制御電源の供給

このモジュールには、オプションにてI2Cレポーティングインターフェイスが適用できます。
そのフルオプション仕様では、PM-Busに準拠した通信プロトコル(更新レート:100ms)によりに次のデータを伝送することができます。

  • ORing MOSFETの不具合
  • 入力ヒューズアラーム
  • 温度
  • 入力電圧(AとB)
  • イネーブル電圧
  • 出力保持用コンデンサ電圧
  • 出力電圧
  • 出力電流

原文はこちらのリンクより閲覧頂けます。

SynQor社について:ボックスボロー、マサチューセッツ州、米国に位置し、SynQor社は、軍事、航空電子工学、交通、医療、産業、通信、コンピューティング市場への電力変換ソリューションのリーディングサプライヤです。SynQor社の革新的な製品は、最先端のインフラのハードウェアを開発する今日のパワーエレクトロニクス技術者の厳しい性能、品質、信頼性の要件を超えるように設計されています。SynQor社は、電源システムを構築するために必要なすべての電力変換モジュールおよび完成された電源システムも供給します。SynQor社は、標準仕様およびカスタム仕様の両方のソリューションに対応し、業界をリードするサービスとサポートでそれらを提供します。SynQor社の品質、顧客満足度、継続的な改善に対するトータルコミットメントにより当社のビジネスプロセスを推進します。

以上