トップ > SynQor > プレスリリース > SynQor社は、350W、MIL規格対応のPFC(力率改善)モジュールを発売します。

SynQor社は、350W、MIL規格対応のPFC(力率改善)モジュールを発売します。

2016年3月29日

米国マサチューセッツ州、ボックスボロー のSynQor社は、AC-DC変換機能を持つ最新のMIL規格対応のPFC(力率改善)モジュールを発売します。 このPFCモジュールは、SynQorのACラインフィルタおよび出力保持用コンデンサ、SynQorの高効率DC-DCコンバータと一緒に使用することにより、単相AC入力からほぼ完全な正弦波電流(力率>0.99)を入力することが可能で、MIL-STD-704および MIL-STD-1399、MIL-STD-461 (ACフィルタ付)に適合するために設計された完成したフロントエンドシステムです。

MPFC-U-390-QPおよびMPFC-115-270-QPは、1/4ブリックサイズ(38 x 61 x 13mm)で、効率95%(定格出力時)、出力350Wを供給します。 MPFC-U-390-QPは、広範囲の入力電圧AC85~264Vに対応し、DC390Vを出力します。 MPFC-115-270-QPは、入力電圧AC85~180Vに対応し、DC270Vを出力します。 両機種とも50/60/400/800Hzに対応し、僅か3%の全高調波歪率でAC電流を入力することができ、有効・無効の制御が可能で、DC10Vの補助バイアス電源も備えています。

これらのPFCモジュールは、完全なケース入りで耐久性のあるパッケージングを持ち、使用可能なベースプレート温度が-55 °C ~ +100 °Cであり、小型化や広い使用温度範囲が要求される軍事や航空機産業アプリケーションでみられる過酷な環境下での使用に適しています。

仕様の詳細についてはhttp://www.synqor.comご覧いただくか、お近くのSynQor社代理店にお問い合わせください。

SynQor社について: 米国マサチューセッツ州、ボックスボローに本社を置くSynQor社は、軍事、航空電子工学、交通、医療、産業、通信、コンピューティング市場への電力変換ソリューションのリーディングサプライヤです。SynQor社の革新的な製品は、最先端のインフラのハードウェアを開発する今日のパワーエレクトロニクス技術者の厳しい性能、品質、信頼性の要件を超えるように設計されています。SynQor社は、電源システムを構築するために必要なすべての電力変換モジュールおよび完成された電源システムも供給します。SynQor社は、標準仕様およびカスタム仕様の両方のソリューションに対応し、業界をリードするサービスとサポートでそれらを提供します。SynQor社の品質、顧客満足度、継続的な改善に対するトータルコミットメントにより当社のビジネスプロセスを推進します。

以上